予定は未定至上主義

なるべくタイトルっぽいことを書こうと思いますが大体その時の気分で書いてます。

拝啓、何者にもなれない僕へ

突然ですが僕は器用貧乏マンです。

 

しかも、ただの器用貧乏マンではなく本来は器用貧乏にすらならない没男です。

 

そんなクソザコナメクジの僕がなぜ器用貧乏マンになったかといいますと、ひとえにお仕事様のお陰です。

 

明らかにキャパオーバーなのにミスをせずに、かつ長時間労働に耐えるために色々な工夫をしてましたからね。もちろん周りも長時間労働なのでつい僕は抱え込んで自分でなんとかしようと必死でしたからね。

 

結果的に自分には向いてない事も割となんとかできるようになったんですよ、でもある時気付いたんですよ。

 

僕は苦手なことをやるために物凄いエネルギーを消費している!!

 

今まで設計って大変でしょ?って言われる度に僕レベルでできるんだからそんなに大変な事ではないよ。と思ってたんだけど、物凄いエネルギー使ってた!

 

そんな憐れな僕ですが、唯一やっていて良かったことがあります。

 

意識だけは高くなった僕はとある慈善団体に所属していて、イベントを運営してみたり国内旅行を運営していました。

 

それの何が良かったかといいますと、色々な経験をすると色々な視点が手に入るんですよね。

 

ありがたいことに上司がおじいちゃんでそろそろ定年も近かったので課長もやらせていただいたいます。

 

ありがたいことにとか書きながらどれもストレスフルだったんでもう一度やりたいかと言われたらやりたく無いし現在進行形の課長はすぐにでも辞めたいんですけどね。

 

まぁとにかく色々な視点を手に入れたのは間違いないです。注意すべきは課長の様ないつまで続くかわからない役からは全力で逃げろって事ですかね。

 

 で、やっと前座が終わったところなんですが…

 

以前ホリエモンがやりたく無い事なんてやらなければいいじゃん。みたいな事を言っていたんですよね。

 

普通に考えてサラリーをもらって生きてる人たちからしたら何言ってんの?って言われるんでしょうけど、多分ホリエモンは社長を経験したことによって社長の視点を持っているからそんな事を言えるのかなと思いまして。

(もちろんそれ以外にも色々あるとは思いますけどね!)

 

色々な経験をすればするほど目処がつけられるんですよね。(多分)

なのでハードルも下がるんですよね。(多分)

 

やりたく無い事を物凄いエネルギーでやってるんならそのエネルギーを上手く使えば"何者"かになれるんでしょうかね。

 

上手くまとめれませんが、今回僕がいいたかったのはやりたい事が無い僕みたいなやつはとりあえず短期間のものなら何でもやってみて色々な視点を手に入れるところから始めるのはいかがでしょうってことで!

 

文字にするのは難しいですね。精進します。